検索











東京Lily 撮影会 モデル募集
東京Lily ポイント
動画 【独占配信】 高梨瑞樹 「桜舞う恋」番外編
特典 販売価格 数量
ダウンロード(HD) ¥1,508
ダウンロード(STD) ¥998

チェックしたものをまとめてカートに入れる

  • 弊社に在庫があり、15時までにお支払の確認ができた商品は当日出荷いたします。
    ※土日祝を除く平日に限ります。
  • 弊社に在庫がなく取り寄せの場合、1週間前後お時間をいただく場合がございます。
  • 予約作品は、発売日に合わせてのお届けを予定しております。
    ※但し、交通状況等によりお届けが遅れる場合がございます。
Share (facebook)

商品情報

タイトル
【独占配信】 高梨瑞樹 「桜舞う恋」番外編
出演者
高梨瑞樹
参考価格
998~1,508円
販売価格
998~1,508
ポイント
9~13 pt
配信開始日
2019/8/14
メーカー
ギルド
JANコード
3019061200006_hd~3019061200006_std
ランキング
21位
レビュー
(1)

商品紹介

桜舞う学校を舞台に繰り広げられる恋物語の番外編
二人だけしかいない密室でキスのおねだりしたり
自慢のプロポーションを武器に誘惑してくる瑞樹ちゃん
そんな彼女の姿をご堪能ください!

(収録時間:18分)

本編はこちら


↓↓↓動画や特典付き商品多数あり!↓↓↓

高梨瑞樹 商品一覧はこちら

  • レビュー(1)

    • オンリーワンなグラドル高梨瑞樹が魅せる”女神のもてなし×小悪魔な悪戯”

      2019/08/15 投稿者:LOVEDOL69

      最新作3rdDVD『桜舞う恋』の"番外編"。

      本編ではバス内のシチュエーションでお召しになってらした衣装。
      そちらでは「ちょっとだけですよ…」と期待感煽るセリフと共に、愛情たっぷりに口寄せる瑞樹ちゃん史上でも群を抜くまさに垂涎の棒アメ舐めをはじめ、BODYライン露わ過ぎるV字ハイレグでその美しすぎる曲を魅せつけ、ちょっとどころじゃない満足感に観る者を浸らせた。

      同衣装で展開する本作"番外編"は、高校の先生が相手だった本編とは異なり、呑み会終わりにサークルの先輩を誘惑するという現役女子大生である瑞樹ちゃんの等身大に近いシチュエーション。
      「先輩、他のコとキスしてたでしょ…」に端を発する憧れの先輩への嫉妬にはじまり、少しばかり臆する先輩に対し「キスして」と甘え迫る瑞樹ちゃん。
      同じキスおねだりでも2nd『みずきっす』の番外作で見せた彼氏へのそれとは異なり、今回は想い寄せていた先輩をゼロから堕としにかかる瑞樹ちゃん流小悪魔プロセス。

      これがもう本当に秀逸で、妬く様もまるで撒き餌のように思えるくらい、キスを求め得るに至る中で魅せる小悪魔=悪戯天使っぷりが見る者のココロをズブズブと引きずり込んでいく。
      しかもこのやりとり、瑞樹ちゃんの弁によると2ndの番外作と同じくアドリブで演じられたとか…。
      先述したとおり本作の役柄は女子大生瑞樹ちゃんに近い立ち位置、それだけにその見事に男心を陥れるアドリブの種はいったいどこから…と無粋にも邪推しながら、目の前にあるは虚構と理解しながらもいつの間にやら妬くに妬いて前のめりに作品世界へと没入。

      その頃になれば映像の中では瑞樹ちゃんによる最後の仕上げ、V字ハイレグに身を包んだBODYを曝け出し、この世のものとは思えない美しきヴィーナスラインを魅せつける。

      『桜舞う恋』本編では同衣装のお尻カットは四つん這いになったサイドからの画に留まっていたのですが、本番外編では夢にまで見たバックショットも解禁。
      大きくそして形美しきミズキーヒップの本領を堪能叶った瞬間の衝撃は言葉に表せぬほどのピーチショック、オスの目見開いてしまった後ろめたさとただただ悩ましいBODYを求めている本能が心地よいぶつかり合いを始めるのでした。

      本編でもそうでしたが、彼女の表情、特に眼差しは画面の向こうにいる視聴者に届けとばかりに、甘い挑発を投げかけてくださっております。
      何度か他でも言及しておりますが、彼女のすごいところはそれが押し付けがましくなく、あくまで一対一の関係世界を築こうとしていること。
      だからこそ密閉空間でありながらも、すぐそばにいてくれているような近親的臨場感が広がっているのだと。

      それだけに、女性を妬かせるなんていう状況は男としていかがなものか、そんな考えを持っている僕ですら「瑞樹ちゃんに妬かれたい」と不実な想い湧き上がってしまい、小悪魔の甘い毒牙に捕食され包まれるラストシーンを迎えるたびに、彼女が張り巡らす蜘蛛の糸絡みたさに再びPLAYボタンを押し続けてしまうのです。

      永遠に可愛く、永遠に美しい、"高梨瑞樹"という虚像(アイドル)を"俺の瑞樹"としてリアルに感じられる名短編。
      みなさまにも是非ご覧戴きたく切に想います。


  • この商品のレビューを書く
  • レビューを書く

TOP